スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガを生活すべてに活かして幸せを

私のヨガクラスの特長は、一度受けられた方は判りますが、受けていない方には中々想像できません。

なぜなら、アーサナの練習の前に、必ず日常生活の事柄からヨガの教えにつなげ、それによってヨガの練習意味を説いてから始めるからです。

その内容は、普段生活していてふと思い浮かべます。以前クラスをしていたティップネスワンでは、毎週違うトピックで5年以上続けました。

最近では、広島で毎月ワークショップを開催し、1時間30分以上そのトピックを掘り下げて、ヨガ哲学のクラスが展開されます。

先月広島で開催したワークショップのトピックをご紹介します。実際のクラスでは、それぞれのトピックについてじっくり語りますが、今回はトピックだけ取り上げます。

読者それぞれの方が、ご自分でそのトピックについて考えるのも一つの方法です。


広島ワークショップ(8月4日)開催のトピック

○「私」とは本当は誰なのか?

現代のスーパーコンピューターは、最早人間の人格を創造できてしまう。このことは、自分自身の性格や日ごろの思いや考えも、あるパターンによって自動的に創られていることを証明している。では、本当の自分とは一体何者であるのか?その問いに対する答えが、ヨガ哲学の知識(ギャーナ)によって導き出せる。

○オリンピックで感じる一体感と感動の源流は?

オリンピックの競技を通じて、国民は一つとなりその時一体感を感じる。その瞬間どんな人にも何か共通に感じる不思議な力を感じて感動する。ヨガで求めるアートマン、即ち真我も宇宙あらゆるところに遍く存在している。オリンピックの競技を通じて感じる一体感は、誰でもその存在を感じることができることを示している。しかしながら、その甘美な感動は一瞬で終わってしまう。

○ 一体感と同情の違い
震災で被災した人々に同情することと一体感とは、似ているようで実は全く違う。同情は、字の通り情を合わせることで、その過程は被災していない安全な自分と被災した困難な人々という区別が存在して、情だけを合わせる行為である。しかし、一体感とは、根本的に「エゴ」を取り除いたところに存在する。

○ヨガは最高に崇高な自分を見つける行為

ヨガは既に自分が持っている最高に崇高な自分に気づく行為である。その為、ヨガの練習姿勢やヨガスタジオにおいて、神聖なものを求める雰囲気がとても大切である。もしそうしたものが無ければ、たとうヨガをしているように見えても、一生自分自身の中に最高のものを見出せず、日常的なつまらない自分で人生を終えることになる。

○トリグナの制約と解放

この宇宙は物質原理即ちプラクリティより成り立っている。そして、そのプラクリティは3つの要素から構成される。サットバ・ラジャス・タマスである。そして、我々の意識が向上するのは、サットバの性質にいる時のみなので、日常生活でサットバに親しむようにしていく必要がある。


8月18日 土曜日 ケンヨカスタジオにていワークショップを開催します。

ケンヨガスタジオ  ワークショップ

スポンサーサイト
プロフィール

ユキオ

Author:ユキオ
学生時代の頃より、東洋思想・インド哲学に親しむ。特にインドの思想家のクリシュナムルティと禅の道元禅師に影響を受ける

1998年 背中の強い痛みの改善としてヨガを始める佐保田鶴治氏、番場一雄氏、アイアンガー氏の著作をもとに毎日自宅にてアーサナの実習を行う。
2001年 綿本彰氏の綿本ヨーガスタジオにて、ハタヨガのアーサナの指導を受ける指導者養成コース上級終了 呼吸法コース終了
2003年 ケン・ハラクマ氏のIYCにて、アシュタンガヨガの指導受ける。IYCアシュタンガヨガ指導者コース終了
現在 IYCにて指導中

昼間は、システムエンジアとして背広を着てます。

問い合わせ・連絡先メールアドレス
asathomaom@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。