スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第6回 広島ワークショップ

昨年の3月に初めて、広島でワークショップを開催して以来、今回で6回目のワークショップとなりました。

広島の皆さんのヨガに対する熱い想いが、毎回内容の濃いワークッショップとなり、いつも時間があっと言う間に過ぎ行く感じです。

当日日帰りでは朝4時に起きて広島へ飛行機で向かい、最終の飛行機8時45分発の15分前に空港に到着するまで、とても充実した一日となりました。

今回は震災直後の開催でしたので、このような困難な時代に、どのようにして我々はヨガの実践者として、生活したら良いかの観点も盛り込みました。これについては、別途コラムを書きたいと思います。

また、新たな試みとして、日本から世界に広まった禅の思想とヨガ哲学の相似性について解説しました。私は、10代の頃より禅に親しんでいますが、その中でも道元禅師の教えに強く影響を受けました。後年にヨガの哲学を学ぶと本質的には共通の思想であることが判りました。

道元禅師の言葉で、私が特に好きな言葉をご紹介したいと思います。

・「仏道とは、自己を習うもの」

仏道を習うということは、自己を習うのである。自己をならうとは、自己を忘れるのである。自己を忘れるとは、万法に証らされるものである。万法に証らされるとは、自己の身と心も、そして他人の身と心もなくなってしまうものである。

・「有時」

形として現れている時間が、すべての「時」なのである。存在としての草も存在としての形もみな「時」なのである。そのときそのときの「時」にすべての存在がありすべての世界があるのである。しばし、今の「時」から漏れてしまっている存在や世界があるのだろうか、しっかり考えてみるべきである。


また、今回のワークショップの内容です。


◎広島第6回ワークショップ

1) マイソールクラス (2時間)

ヨガ本来の練習が、このマイソールスタイルの中にあります。練習者は静寂の中で、自分の身体と心と対話しながら練習します。その手法は、練習者に深い満足を与えます。また指導者は個別に、練習者と一体感をもってポーズの手助けをします。

2) 陰ヨガと禅 (2時間)

このクラスは、ヨガと禅のコラボレーションクラスです。陰ヨガは、ひとつのポーズを長くすることで深いリラクゼーションと瞑想状態を作り出すのに効果的です。陰ヨガで十分にリラックスした後は、ディヤーナ(瞑想)と禅の関係性を説きながら、ヨガの観点から禅の思想を学びます。

3) アシュタンガヨガテクニカル (1.5時間)

アシュタンガヨガの有名なフレーズとして「99%プラクティス1%セオリー」があります。しかし、1%セオリーを理解しないままプラクティスを行っても、質の高い練習は望めません。今回はスタンティングやシッティングの各ポースの取りかたや、ジャンプスルージャンプバックの練習方法を学びます。

4) やさしいヨーガスートラ  (1.5時間)

ヨーガスートラは、ヴェーダに基づく6つの哲学体系のなかで実践により意識を高めるよーガ学派の経典です。しかし、その実践の書が難解なものとして認識されがちです。このクラスでは、なるべく実生活に役立つようにヨーガスートラのエッセンスを分りやすく解説して、より深いヨガの練習の手助けを目的にしています。


IMGP0460.jpg







プロフィール

ユキオ

Author:ユキオ
学生時代の頃より、東洋思想・インド哲学に親しむ。特にインドの思想家のクリシュナムルティと禅の道元禅師に影響を受ける

1998年 背中の強い痛みの改善としてヨガを始める佐保田鶴治氏、番場一雄氏、アイアンガー氏の著作をもとに毎日自宅にてアーサナの実習を行う。
2001年 綿本彰氏の綿本ヨーガスタジオにて、ハタヨガのアーサナの指導を受ける指導者養成コース上級終了 呼吸法コース終了
2003年 ケン・ハラクマ氏のIYCにて、アシュタンガヨガの指導受ける。IYCアシュタンガヨガ指導者コース終了
現在 IYCにて指導中

昼間は、システムエンジアとして背広を着てます。

問い合わせ・連絡先メールアドレス
asathomaom@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。