スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スーリャナマスカーラ(太陽礼拝)のワークショップ

2月11日のティップネスワン日比谷で、スーリャナマスカーラのワークショップを行いました。当日は、雪が降りこの冬一番の冷え込みの中で、44名の方が参加され、会場は熱気で包まれました。

内容は、太陽礼拝の意味と太陽礼拝の実践ポイントについて解説しました。

アシュタンガヨガの創始者であるシュリ・K・パタビ・ジョイス師が、「アーサナとは祈りである」と説くように、その本質は自己の内面に向き合うことです。そして、太陽とは我々が生きる命の源です。

スーリャナマスカーラには、この大切な二つのポイントがもっとも良く現れている形として、ヨガの中でもっとも大切なポーズだと思います。

当日は、より深く今後の練習が出来るように、その意味につい詳しく説明しました。

また、後半の実践では、各ポーズの正確なアライメントについて学びました。ヨガの日々の練習も、手を抜いたアライメントで練習しても、その効果は望めません。その為に、心身の変化がより効果的になるよう、方具体的ポーズのとりかたを学びました。

当日は75分のクラスでしたが、あっという間に時間がたち、予定よりもオーバーしてクラスは終わりました。

スポンサーサイト
プロフィール

ユキオ

Author:ユキオ
学生時代の頃より、東洋思想・インド哲学に親しむ。特にインドの思想家のクリシュナムルティと禅の道元禅師に影響を受ける

1998年 背中の強い痛みの改善としてヨガを始める佐保田鶴治氏、番場一雄氏、アイアンガー氏の著作をもとに毎日自宅にてアーサナの実習を行う。
2001年 綿本彰氏の綿本ヨーガスタジオにて、ハタヨガのアーサナの指導を受ける指導者養成コース上級終了 呼吸法コース終了
2003年 ケン・ハラクマ氏のIYCにて、アシュタンガヨガの指導受ける。IYCアシュタンガヨガ指導者コース終了
現在 IYCにて指導中

昼間は、システムエンジアとして背広を着てます。

問い合わせ・連絡先メールアドレス
asathomaom@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。