スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画「マトリックス」とヴェータ哲学  ヨガヨム26号

ヨガヨム26号にコラムが掲載されました。

ブログ読者の特典として、youtubeの映像をお届けします。

オリジナルな「アサトマ」のマントラ
http://www.youtube.com/watch?v=1zCFhqEFJwI&feature=related

映画「マトリックス」 リボリューションより
最後の二人の対決に『Navras』がフューチャーされています。
http://www.youtube.com/watch?v=7li9SG7zebU&feature=related

***********************************

映画『マトリックス』3部作は、優れた特殊撮影で話題を呼んだSF作品です。主人公ネオが、自分はコンピュータ上の仮想の世界で生きて、本当の自分は眠っていることに気付き、悪と対決する話です。しかしこの映画のテーマが、インドのヴェータ哲学であることを皆さんはご存知でしょうか?

なぜインド哲学がテーマなのかと言うと、映画『マトリックス レボリューションズ』のクレジットのサウンドトラックで、女性コーラスがサンスクリット語の「アサトマ」を歌うのです。そしてその曲タイトルが、インド古典舞台で表現される9種類の感情を意味する「ナバラサ」なのです。

マントラ「アサトマ」の意味は、「私を偽りの世界から真実の世界へ導きたまえ。闇の世界から光の世界に導き給え。死ぬべき命から永遠の命へ導きたまえ」です。

インド哲学の世界観では、人間が生きている世界は実は幻影で、真実の世界ではないと説きます。そして幻影を作り出す原因が、相対的概念です。つまり善と悪・好きと嫌い・始まりと終わり・男と女・生と死、そのどれもが必ず相手が在ってのみ存在するのです。

映画の世界で、主人公ネオを善としたならば、スミスは悪の象徴です。話が展開するに従ってネオは超人的なパワーを身に付けていきますが、対立する悪のスミスも同じくモンスター化していきます。なぜならばお互いが映し鏡なので、ネオが強くなると言うことはスミスも相対的に強くなるのです。

そして、最終的に巨大なパワーを身に付けた二人が対決することで善と悪が融合し、最後にスミスが「始まりがあるものには、終わりがある」とつぶやき崩壊し、仮想世界が相対性から脱却して、真の平和が訪れるのです。そこには、始まりも終わりも無い、永遠の真実があること、それがこの映画のテーマではないでしょうか。

「マトリックス」とは、ラテン語「母」を語源に持つ言葉で、英語では「何かを生み出す背景」を意味します。そしてコンピュータ用語では「変換」を意味し、プログラムの記述ソースをマトリックスして、デジタル世界を構築するという意味で用いられます。

私も仕事で、HTMLやJAVAなど様々なソースでプログラミングしますが、その全てが最終的には2進数、つまり0と1に翻訳され、電源のオン・オフとしてコンビュータに命令されます。つまりデジタルの映像や音楽は、全てオン・オフという相対性の組み合わせで創造されているのです。

仮に人間をコンピュータと見立てるならば、ハードウェアが身体で、マインドがソフトウェアです。しかし、それは始まりと終わりのある限りあるものです。では、永遠の命とはなんでしょうか。それはハードとソフトを起動する電気つまり光です。、それこそが我々の本質であり、「アサトマ」が導く永遠の真実の世界ではないでしょうか。
スポンサーサイト
プロフィール

ユキオ

Author:ユキオ
学生時代の頃より、東洋思想・インド哲学に親しむ。特にインドの思想家のクリシュナムルティと禅の道元禅師に影響を受ける

1998年 背中の強い痛みの改善としてヨガを始める佐保田鶴治氏、番場一雄氏、アイアンガー氏の著作をもとに毎日自宅にてアーサナの実習を行う。
2001年 綿本彰氏の綿本ヨーガスタジオにて、ハタヨガのアーサナの指導を受ける指導者養成コース上級終了 呼吸法コース終了
2003年 ケン・ハラクマ氏のIYCにて、アシュタンガヨガの指導受ける。IYCアシュタンガヨガ指導者コース終了
現在 IYCにて指導中

昼間は、システムエンジアとして背広を着てます。

問い合わせ・連絡先メールアドレス
asathomaom@gmail.com

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。